今村記念コロキウム

2010年、当会が社団法人として再出発するにあたり、故今村和男氏(2010年当時の代表理事)は、市ノ瀬慎一氏(当会研究会員)に、氏の専門分野である現代物理学の現状の紹介並びに「人間とは何か」という根源的問題に対する物理学の立場からのアプローチを要請されました。

これは、当会創設者・故高島博氏が「私どもは、各分野の専門家の方々と共に、専門諸科学のみでは説明し尽くせない人間存在の問題を『人間学』という『学際的』な場において、それぞれ共通の問題、つまり人間の『精神』を語り研究あう「人間学会」なるものの誕生を見るに至ったのである」とした日本人間学会の創設趣旨に沿うものでした。

爾来、2010年10月より2014年12月までの4年の歳月を経て、市ノ瀬氏は今村氏の要請に応え、「現代物理学から見た宇宙創成と人間存在」という主題の研究発表として結実しました。特に、第16号会報に掲載した論考「コペンハーゲンの霧の彼方に明けゆく次元」は、科学と哲学のあるべき姿のエッセンスを抜き出したものであり、市ノ瀬氏の4年にわたる研究の決算報告者と言えるものとなっています。

当会では、すでに研究会員の個別の研究発表の場として「月例研究会」を設けていますが、新たに、「人間の精神を学際的に語り合う」という創設者・高島氏の遺志を受け継ぎ、自身の人生の命題であると明言された今村氏の、長年にわたる当会への功績を称えて、「今村記念コロキウム」と命名した研究発表の場を創設するに至ったのです。

第1回

2016年12月

「歴史に隠された天倫の秘密、その封印の解かれるとき(2)
-日本国創生の源流をたどる(その二) 」   市ノ瀬慎一
第2回

2016年6月

「歴史に隠された天倫の秘密、その封印の解かれるとき(1)
-日本国創生の源流をたどる(その一) 」   市ノ瀬慎一