新着記事

新型コロナウイルスとどう向き合うか  第1回

昨年(2019年)11月 中国湖北省武漢市より発生した新型コロナウイルスの感染に ...

研究会

人文科学系列、自然科学系列、社会科学系列の各専門分野から、研究会員であるそれぞれの専門家が「人間学」へアプローチし、その成果を発表する研究会を定期的に開催しています。

2017年 (平成29年)
2月度   「球面定在波モデルによる自然科学の再構築」
発表者 戸上 良弘 (研究会員)
2016年 (平成28年)
6月度   「ヘブライ語旧約聖書解読の研究」
発表者 藤森 三千雄 (研究会員)
2014年 (平成26年)
12月度   「現代物理学の未踏の地をゆく
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(10)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
11月度   「永遠を志向する生命の階梯
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(9)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
6月度   「地球が書いた生命創出のシナリオ
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(8)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
5月度   「磁石とプレートの星に生きる
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(7)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
2013年 (平成25年)
7月度   「人間はコミュニケーションする葦である」
発表者 浜中 敏幸 (研究会員)
5月度   「雑草と毒草の話」
発表者 中島 鈆三 (理事)
4月度   「天空の渚をめぐる攻防
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(6)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
2月度   「天空の祝福
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(5)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
2012年 (平成24年)
12月度   「グリーフケア(悲嘆援助)活動とスピリチュアリティ
~人が生きるには「スピリチュアリティ」が必要です~」
発表者 加藤 勇三 (会員)
11月度   「人間学の基本課題 ~二年間の学びの総括と今後の課題~」
発表者 桜木 慎 (研究会員)
10月度   「植物の花などの機能」
発表者 中島 鈆三 (理事)
9月度   「人間本性としての利他性が発露するとき」
発表者 浜中 敏幸 (研究会員)
7月度   「植物の種の散布」
発表者 中島 鈆三 (理事)
6月度   「人間学の現在 ~〈ホモ・シグニフィカンス〉をめぐる考察~」
発表者 桜木 慎 (研究会員)
5月度   「天空のルネッサンス
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(4)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
4月度   「水について - なぜ水なのか?-」
発表者 中島 鈆三 (理事)
3月度   「躍動する天空の果実
― 現代物理学から見た宇宙創成と人間存在(3)―」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
2月度   「生命の神秘と人間存在Ⅱ」
発表者 瀧 順一郎 (研究会員)
2011年 (平成23年)
12月度  「自然からの学び」
発表者 中島 鈆三 (理事) 「自死者遺族の悲観援助(グリーフ・ケア)について
~自殺防止の視点から~」
発表者 加藤 勇三 (会員)
10月度   「キリスト教神学における救済論の考察」
発表者 槙田 輝明 (研究会員)
9月度  「文学と人間学 ―時代を超えて生きる作家たち― 」
発表者 桜木 慎 (研究会員)
7月度  「宇宙を乱舞する素粒子
―現代物理学から見た宇宙創成と人間存在 (2)― 」
発表者 市ノ瀬 愼一 (研究会員)
6月度  「東アフリカのキリスト教受容 タンザニアを中心に」
発表者 上村 敏文 (研究会員)
5月度  「歴史の真実を語る―満州事変から太平洋戦争を中心に―」
対談  笠谷 和比古氏 (国際日本文化研究センター教授)
今村和男 (日本人間学会理事)
2月度  「生命の神秘と人間存在」
発表者 瀧 順一郎 (研究会員)
2010年 (平成22年)
12月度  「日本文学の近代と反近代」
発表者 桜木 慎 (研究会員)
11月度  「神道とキリスト教」
発表者 上村 敏文 (研究会員)
10月度  「現代物理学から見た宇宙創成と人間存在」
発表者 市ノ瀬愼一 (研究会員)
7月度  「自然法則と人間の自由意志について」
発表者 槙田輝明 (研究会員)
6月度  「高島博先生と人間学」
発表者 今村和男 (理事)
5月度  「遺伝子科学からみた生命倫理と死生学」
発表者 三田悟 (研究会員)
4月度  「ロゴセラピーと人間学への応用」
発表者 村松憲行 (常任顧問)