Thumbnail of post image 170

今回は、『情然の哲学』の主要概念である「情然」について、わたしが日頃考えていることを話してみたいと思います。

この概念はとても奥が深いため、不用意に掘り下げていくと深みにはまり、難解な議論になってしまう危険性もあります。

新着記事

Thumbnail of new posts 044

: 人間学

人間学の現在(29)

前回の講座で予告したとおり、今回は「新しい人間学」の構想についての話です。 わた ...
Thumbnail of new posts 068

: 人間学

人間学の現在(28)

前回の講座で予告したとおり、今回のわたしの話はこれまでの講座のまとめになります。 ...
Thumbnail of new posts 100

: 人間学

人間学の現在(27)

前回の講座で予告したとおり、今回はおもに、「人間学とは何か」の「影」の部分につい ...
Thumbnail of new posts 121

: 人間学

人間学の現在(26)

今回は、これまで何度か言及してきた「ホモ・シグニフィカンスの人間観」について、わ ...
Thumbnail of new posts 195

: 人間学

人間学の現在(25)

本講座も25回になりました。 「情然の哲学」については前回までの講座でほぼ語り切 ...

Thumbnail of post image 051

今回から数回にわたって、『情然の哲学』について解説します。

わたしなりの視点からの解説なので、至らない点があるかもしれませんが、その点はあらかじめご了承ください。

この書籍は、入手してもらえればそれに越したこと ...