Thumbnail of post image 109

前回の講座で予告したとおり、今回は「新しい人間学」の構想についての話です。

わたしが現在構想している「人間学」が何に対して「新しい」のかというと、やはり、これまでの人間学研究の一連の流れに対して、ということになります。