10月 30th, 2012 6:42 PM

秋の深まりをそこここに感じる頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

秋の味覚を満喫できる季節でありますが、今年もありがたいことに、アケビをいただく機会がありました。

アケビを見ていつも思うのは、鑑賞する果物であるということ。

なんとも言い難い味わい深さを醸し出しています。

美味しいは、目に美しく食べて味わう、という意味だと聞いたことがありますが、本当にそのとおりだと思います。

さて、アケビが割れて食べ時になってきましたので、鑑賞した後は味見といきましょう。

 

コメントをどうぞ