Archive for the ‘Daily’ Category

春の訪れ

月曜日, 4月 1st, 2013

今年の開花は早いものでしたので、桜を待ちわびるあの何とも言えない想いをもつことがなかったことを少し残念にも思いました。

しかしあちこちに咲き誇る桜たちの見事な群れに春の訪れを満喫する今日この頃です。

 

春の足音

金曜日, 3月 1st, 2013

本日3月1日、春一番が吹き抜け、春の足音が高らかに鳴り響いています。

皆様いかがお過ごしですか。

春一番とともに春の兆しをお届けいたします・・・。

 


 

木々たちの色彩のダンス

木曜日, 12月 13th, 2012

今年も紅葉に魅了される季節となりました。

我が国の空の護り

木曜日, 12月 13th, 2012

11月の末に、航空自衛隊の元空将補である田中憲明先生より第2回目の講演を賜りました。

今回は約80名ほど会場にお集まりくださり、田中先生のお話しへの関心の高さが窺われ、会場の熱気を強く感じました。

お話しでは、世界史について、また周辺諸国の状況などをとてもわかりやすく解説くださり、日本が置かれた現状をより把握することができました。

講話の合間には、現状をとてもウィットに富んで示唆した小話などを盛り込んでくださり、先生の会場の皆様へのご配慮を知ることのできる一場面でした。

参加者の多くの感想に、「田中先生のお話しで現状をとてもよく把握することができた、もっと危機感をもってこれからを考えなければ」など、先生のお話しに、皆様意識をとても高められていました。

ますます混迷極めるであろうこれからの時に、田中先生から頂いた2回のご講演は私達にとってとても貴重な内容でした。

今後、さらに一人一人が意識を高め、国や世界について真剣に考えていく時であろうと改めて感じました。

田中先生、いつも先生の温かいお人柄に学ばされ、また講演をお聴きして日本の素晴らしさ、また日本人としての誇りをお教えいただきました。

講演に参加された多くの方が同じように深く感じられたことと思います。 素晴らしい機会を私たちにくださいまして心より感謝申し上げます。先生、尊敬申し上げます!ありがとうございました。

実りの秋

火曜日, 10月 30th, 2012

秋の深まりをそこここに感じる頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

秋の味覚を満喫できる季節でありますが、今年もありがたいことに、アケビをいただく機会がありました。

アケビを見ていつも思うのは、鑑賞する果物であるということ。

なんとも言い難い味わい深さを醸し出しています。

美味しいは、目に美しく食べて味わう、という意味だと聞いたことがありますが、本当にそのとおりだと思います。

さて、アケビが割れて食べ時になってきましたので、鑑賞した後は味見といきましょう。

 

秋の月

土曜日, 10月 13th, 2012

ここ最近、めっきり秋の気配が濃くなりました。皆様いかがお過ごしですか?

本日は、みなさまもよくご存知の、情緒深い日本の秋のうたをご紹介いたします。

地方に行きましたら、美しい夕日にコスモスが輝いていました。

 

光はいつも 変わらぬものを
ことさら秋の 月の影は

などか 人に 物思わする
などか 人に 物思わする

あ ゝ 啼く虫もおなじ心か
あ ゝ 啼く虫もおなじ心か
声の悲しき

「秋の月」作詞・作曲 滝廉太郎

 

防人の心

土曜日, 9月 8th, 2012

先日は田中憲明先生をお招きし、光栄にもご講演をいただきました。

多くの方が会に集われ、先生の講演への関心の高さが窺われました。

田中先生は、航空自衛隊の元空将補として長年ご活躍され、日本の国防に多大な貢献をして来られた方です。

すらっとした長身の尊敬すべきお人柄でいらっしゃり、素敵な日本人にお会いすると本当に嬉しくなってしまいます。

講演会のタイトルは「防人のこころ」、大東亜戦争の真実を知ることができ、日本が崇高なる精神で命がけで国を守ったこと、また日本人が持つ高尚なる精神にとても感動いたしました。

私達は改めてこの価値を知り、この精神を正しく受け継ぎ、国の再建が急がれる今、先人に顔向けできるよう、日々一生懸命励んでいかなければならないと強く感じています。

田中先生、本当に素晴らしいご講演をありがとうございました。

夏到来

水曜日, 7月 25th, 2012

本格的な暑さとなってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしですか?

「富士山」のお写真をいただきましたので、さっそく掲載いたします。

やはり富士山を見ると元気をいただいてしまいますね。

また昨日、この夏初めての「みょうが」を頂戴しました。改めて夏という季節を感じる瞬間でした。

 

 

初夏の香り

木曜日, 7月 5th, 2012

今年初めて咲いた3代目あさがおです。

いただいたお写真ですが、毎年初夏の開花がとても楽しみとのことです。

 

歴史の重み

日曜日, 7月 1st, 2012

梅雨の最中、木々の緑がいっそう深まったように感じられます。

皆様いかがお過ごしですか?

先日、国際日本文化研究センター教授の笠谷和比古先生より、「徳川社会と日本の近代化」第3回目のご講演を頂戴いたしました。

先生より3回に渡ってお話を頂く中、このタイトルの意味そして重みをひしひしと感じています。

日本が近代化を成したことの重要さ、また近代化は、徳川社会で起きた知的革命、経済システムの発展や多くの有能な人材による文化興隆という偉大な事実に支えられていたことを知ることができました。

現代を生きる私たちは、今一度この時代に熟成された文化について見直すと共に、何よりも、国のために一丸となったリーダーたちの心の姿勢を真摯に学ぶべきものがあるということを強く感じました。

「徳川社会と日本の近代化」を語ってくださったその背景には、笠谷先生が注がれた深い情熱、労をいとわない丹念なご研究によるものであり、先生の歴史学者としてのすごさをますます感じさせらた実り多き素晴らしい時でありました。

笠谷先生、心より感謝申し上げます。