HOME > 活動のご案内 > 社会貢献 > 和解運動 > 進展状況 > バチカン訪問

バチカン訪問 2012年9月27日~29日

当会が推進している世界平和構築のための「世界フォーラム」を提唱するため、重要な準備の一環としてバチカンを訪問しました。本来、宗教は人類の幸福に寄与すべき使命を担っているという観点から、世界最大の宗教であるカトリック教会は大きな役割を担っています。

宗教は歴史的に対立してきた内容もありますが、混迷の度を増す現在の社会においては、宗教間の諍いをやめ、互いに胸襟を開いた対話により和解し、力を合わせて平和を創り出していくことが切実に願われているのではないでしょうか。
記念写真

この度のバチカン訪問では、文化評議会、正義平和評議会、在バチカン・ベナン大使館、サンテジディオ共同体を訪ねました。そして、当会が世界平和に貢献するために平和のための哲学を研究してきたことを伝えました。

また、「和解運動」として行ってきた活動についても報告し、高い関心と理解を得ることができました。今後の双方の協力関係を築いていくための第一歩となりました。

正議平和評議会の事務局長
在バチカン・ベナン大使 サンテジディオ共同体