HOME > 活動のご案内 > 社会貢献 > 和解運動 > 進展状況 > 日韓の和解と発展のためのプロジェクト

日韓の和解と発展のためのプロジェクト

参加者と記念撮影1
参加者と記念撮影2
会議の様子

当会の理事、勝本氏を中心に推進している日韓の和解と発展のためのプロジェクトの一環として、7月下旬から8月上旬にかけて韓国で活動推進のための研究会や会議を行いました。
高麗大学のGLOBAL日本研究院にて、同院の崔鐘吉博士、趙明哲教授、朴鴻圭教授と、学術分野における民間レベルでの日韓問題の解決と、将来に向けた互恵的関係における発展のあり方が話し合われました。

地政学的に重要な位置にある日韓両国間の憂えうべき対立状況に、早急な和解をもたらし、協力関係を築くことができるよう、今後、日韓の大学レベルでの協力関係を深めていくことが約束されました。

また、CHEONGAM大学の呉美聖教授とも同じテーマで話し合いが持たれました。また、民俗学や文化活動を推進する呉シンスク女史も参加し、活発な意見交換がなされました。特に、呉美聖教授は、心理学や哲学の分野から、本質的人間のあり方と社会のあり方について有意義な研究成果を披露されました。

勝本理事は、これらの研究活動が実学となるため、朴槿恵大統領の下で活躍される政治家・李貞鉉博士の秘書と会見しました。哲学的人間学における民族を超えた国際政治の在り方に関して研究の成果を伝え、日韓の和解と友好のための良き話し合いを持つことができました。