HOME > 活動のご案内 > 学術研究 > 研究活動 > 勉強会概要2013

勉強会概要

2013年 (平成25年) 

<第11回> 人間学入門講座
社会 テーマ「作家に学ぶ人間学講座 その5 ~村上春樹の文明批評~」
講師 桜木 慎(日本人間学会 研究会員)

今回は、現在活躍中の作家・村上春樹について学んでみたい。近年、急速に知名度を上げているこの作家は、「流行作家」という批判的な見方をされることの多い存在でもあるが、その仕事は、決して単に時代の潮流に迎合した皮相的なレベルのものではない。
今回の講座では、ノンフィクション作品『約束された場所で』を読みつつ、文明批評の視点から村上春樹の仕事の意義について考察する。オウム真理教の「元信者」たちに取材したこの作品は、作家ならではの深い見識と洞察に満ちており、一連のオウム犯罪の真相に肉薄したものになっている。以下のテーマに沿って話を進めていきたい。

  1. 社会現象として扱われる村上春樹の小説
  2. 村上作品の壮大な物語性と文明批評
  3. 地下鉄サリン事件と村上春樹
  4. カルトの存在を見つめた『1Q84』の世界

 


<第10回>  人間学入門講座
社会 テーマ 「作家に学ぶ人間学講座 その4 ~三島由紀夫と日本の戦後~」
講師 桜木 慎(日本人間学会 研究会員)

日本の戦後文学の旗手として、「仮面の告白」・「潮騒」・「金閣寺」・「豊饒の海」など数々の問題作を発表しながら、45歳の若さで衝撃的な自決を遂げた作家、三島由紀夫。
今なお日本の文学史に光芒を放つこの文人の思想と行動を探り、三島が戦後の社会に向けて発信した切実なメッセージとは何であったかについて考察する。以下の論点に沿って話を進めていきたい。

  1. 三島由紀夫の生涯と作品
  2. 三島事件の概要
  3. 今、この作家をどう評価するか
  4. 三島由紀夫の文明批評

なお、動画投稿サイトなどで視聴できる三島の講演なども紹介し、在りし日の作家の肉声に触れる機会も持ちたいと思う。

 

 平成24年 勉強会概要
 平成27年 勉強会概要